Youtubeで見たミニLED投光器(COB)買った キャンプ照明は最高コスパのコレで良いじゃないか!

LEDライト サイズ感キャンプ
LEDライト コンパクト

こんにちはーーにもじ ニモジです。

キャンプで使う小さい照明・ライトを探していてこれを買いました。爆光です。

Youtubeでwinpy-jijiiiさんが

【これは買い】キャンプのLEDライトはコスバのチャンピオン!早く言いたくて即UP”で紹介されているものと同等品だと思います。

led投光器 cob ライト ミニ作業灯 ledライト

(画像はAmazon商品リンクです)

この商品について
製品サイズ:6cm4cm1cm、重量:43g。
🔦🚨【超高輝度COBライト】:このキーホルダートーチは、最大で800ルーメンの光を発することができます。ポータブルサイズとミニマムなデザインを維持しながら、広角で明るい光を提供します。
🔦🚨【4つの照明モード】:この小さなトーチは4つの照明モードを持っています:COBハイモード、COBローモード、COBストロボモードと明るいための電源ボタン2〜3秒を押してください。
🔦🚨【ポータブルデザイン】:強力なマグネットベースと回転式ハンドルにより、作業中に両手を自由に使うことができます。マグネット式なのでどんな金属にも取り付けることができ、180°折りたたみ式のスタンドは、ライトを様々な角度で置いたり、特定の場所に吊り下げたりすることが可能です。
🔦🚨【USB充電式】:500mAhリチウム電池、1.5時間充電で1.5時間(明るさ100%)、2.2時間(明るさ60%)、3時間(明るさ30%)連続使用可。充電するときは、任意のUSB電源に接続するだけです。
🔦🚨【幅広く使える】:ポータブルマイクロトーチはカラビナ付きで、キーホルダーやバッグに簡単に取り付けられます。防水性、耐衝撃性にも優れています。また、栓抜きとしての機能も充実しています。キャンプ、犬の散歩、物を取ってくる、キャンプ、修理など、複数のシナリオを適用することが可能です。

Amazon商品説明より

「【2022令和強化版】led投光器 cob ライト ミニ作業灯 ledライト 超高輝度・USB充電式・4つ点灯モード・キーホルダー式・強力磁石付き・ IPX4防水 作業用 キャンプ 登山/夜釣り/キャンピング/ハイキング/防災/地震/作業用/停電用/緊急照明用/アウトドア用(収納ボックス付き ) (B-(2PCS))」と、長~いタイトルで、ちゃんとした商品名は無いようですが、要するにコンパクトなCOBタイプのLEDライトです。

幾つかのバリエーションタイプがありますが、私はこの角型の2個入りセットを買いました。

説明が所々怪しいことに不安を覚えますね。マグネットはどんな金属にも…付きません w

しかし、2個で2,199円(2022年8月3日現在:5%OFFクーポン有)という安さなので買ってみました。

セットの内容…ちゃんとしている

LEDライト2個セット
LEDライト2個セット
LEDライト ケース外観
LEDライト ケース外観
LEDライト 説明書
LEDライト 説明書

本体、ケース、USB-C充電ケーブル、ストラップ、説明書 が2個セットなので2個ずつ入っていました。

製品サイズ:6cm4cm1cm、重量:43g…厚み1cmは誤記?

私の実測で、サイズは以下の通りです。 

  • 本体のサイズ:幅46mm×高さ61mm×20.5mm
  • 本体重量:40g
  • ケースのサイズ:72mm×78mm×37mm
  • ストラップ:クリップ部 115mm+ストラップ部540mm(引っ張って計測)
LEDライト サイズ感
LEDライト 表面

四角いCOBをが正面にデンっとありますが全体にコンパクトです。

黄色のCOBに小さい発光点が24個並んでいます。面が光っているような近い光り方をするので、広い範囲を照らしてくれます。

このボディの四辺はそれぞれ無駄なく役割が割り当てられています。機能的です。

  • 上:カラビナと、栓抜き?
  • 左:電源スイッチ
  • 右:充電ポート
  • 下:三脚取付用のネジ穴

【超高輝度COBライト】【4つの照明モード】…”弱”が実用的

LEDライト 点灯
LEDライト 点灯

輝度は測れませんが、とにかく明るくまぶしいです。

説明書にも「COBライトを直接見ないでください」と注意書きがされています。

照明モードは4つておの事ですが…スイッチを押す度に、3つのモードに切り替え出来ます。

消灯 → 点灯:中 → 点灯:弱 → 点滅 → 消灯

あれ?! 「モード3つじゃん」と思って、説明書を見たら分かりました。w

4つ目のモードは、どの状態からでも長押しで 点灯:強 (一度押し)→ 消灯 となります。

消灯
消灯(ナイトモード発動)
点灯:中
点灯:中
点灯:弱
点灯:弱

下に付いているネジ穴で、小さな三脚に付けて撮影してみました。

画像では明るさがうまく表現できませんが、””でもかなりの明るさです。アウトドアで使うなら””だと明かりが目に入った時まぶしいので、””が十分な明るさで実用的です。

”は、ちょっと使いどころの分からない明るさです。アウトドアでは雰囲気を壊して迷惑かもししれません。長押しに設定されているのは正解だと思います。

【ポータブルデザイン】…ケースに収めるとソコソコの大きさ

LEDライト ケースに収めて
LEDライト ケースに収めて
ストラップもグルグル
ストラップもグルグル

ケース片面にはUSBケーブルが収まります。もう片面にLEDライト本体とストラップの先を収めてファスナーを閉めます。ストラップはケースに巻き付けると持ち運ぶときにおさまりが良いです。

ただ、この状態はコンパクトな普通のLEDランタンとあまり変わらないので、本体だけで持って行く方が断然コンパクトです。一つをケースでUSBケーブルとストラップも持って、一つを本体だけで持って行くのが実用的かもしれません。

【幅広く使える】…吊るしたり、立てたり、首から下げたり

マグネットとハンドル
マグネットとハンドル
ストラップ取付
ストラップ取付

上に付いているカラビナでどこかにぶら下げるのが一番よく使う使い方になると思います。

背面にはハンドルが付いていて、いろんな角度で使えます。狭く開いて脚にして立てたり、フックのようなところに引っかけて吊るしたりできます。

そして、背面にはマグネットが埋め込まれているので鉄に付きます。キャンプで鉄の道具は意外と少ないのであまり使いどころは無いかもしれませんが、ここにストラップが付きます。

ストラップは…セミナーとかで名札を付けさせられるときに使う汎用のネックストラップで、先端は金属のクリップです。「何だこりゃ?」と思いましたが…マグネットにつけて首から下げると結構いい角度で足元を照らしてくれます。クリップで本体上のカラビナのところを挟んでも良いし、ナカナカ実用的でした。

栓抜きは使っていません。プラスチックなので非常用と考えた方が良さそうです。

【USB充電式】…”弱”なら一晩! 常夜灯として使える

充電ポートとインジケーター
充電ポートとインジケーター
充電中(赤)
充電中(赤)
充電完了(緑)
充電完了(緑)

右側のゴムの蓋を開けるとUSB Type-Cのポートと充電インジケーターがあります。

充電を開始するとインジケーターは赤く点灯します。充電が完了するとインジケーターは緑の点灯に変わり、そして消灯するようです。

”充電していて消灯していたら充電完了”、”充電しようとして緑点灯なら充電済み”と判断すれば良さそうです。

使用時間は”1.5時間(明るさ100%)、2.2時間(明るさ60%)、3時間(明るさ30%)”とあったので、「キャンプでは補助的な使い道カナ」と思っていたのですが…

夕方、”弱”で使い始めて朝まで弱々しいながら光っていました。説明の時間は本来の輝度を維持できる時間という事かもしれません。ともかく、10時間以上消えず、常夜灯として使えたのは嬉しい誤算でした。

まとめ…コスパ最強!

もしかしたら個体差が激しいのかもしれませんが、

  • キャンプで使う様々な用途に対応できる
  • 本体はコンパクト
  • かな~り明るい!
  • ”弱”なら一晩使える
  • 2個で2千円ほど

意外に使えてびっくりです。

アラっ 、これってサイコーじゃないですか。 w

 

ケース無しで、もっと安く売っているのもありますが…

それでは、今日はこの辺で。

 少しでも参考になったら嬉しいです。

毎日の生活を楽しんで行きましょう〜〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました